過失割合に納得できない方へ

  • 保険会社から提示されている過失割合は高すぎるのではないか?
  • 事故の過失割合を決めるとき、こちらの主張を一切聞き入れてもらえないので納得できない
  • 過失割合が加害者側に有利に計算されている

金沢で交通事故に遭い、示談交渉で相手の提示する過失割合に納得できないならお早めに弁護士までご相談下さい。

 

1.過失割合とは

過失割合に納得できない方へ交通事故の過失割合は、交通事故の当事者それぞれの損害発生に対する責任の割合です。

交通事故が発生したとき、多くの場合には被害者と加害者のどちらにも一定の過失がみとめられます。そこで「どちらにどれだけの責任が認められるのか」を割合的な数字で明らかにして、損害賠償金の計算の際に考慮します。

過失割合が高くなると、その分相手に請求できる賠償金が減額されます。たとえば被害者の過失割合が2割なら請求できる金額が2割減、過失割合が3割なら相手に請求できる金額は3割減となります。

なるべく高額な賠償金を獲得するには、過失割合を低くする必要があります。

 

2.過失割合の基準について

交通事故の過失割合には法的な基準があります。これまでの裁判例の蓄積などによって作られた基準で、訴訟で賠償金額が争われる際にも用いられます。

当事者同士で示談して解決する際にも、基本的には法的基準を適用してお互いの過失割合を算定するものです。

ただし保険会社と被害者が示談するとき、必ずしも適正な基準が適用されるとは限りません。

 

3.過失割合に納得できないときに弁護士に相談するメリット

保険会社の提示する過失割合に納得できないときには、弁護士までご相談下さい。

 

3-1.適正な過失割合を知ることができる

弁護士に相談すると、事故ごとの適正な過失割合を知ることができます。保険会社の提示する過失割合が妥当なものかどうかわかり、知らない間に不利な条件で合意する危険がなくなります。

 

3-2.相手に適正な過失割合をあてはめるよう求められる

弁護士に相談して適正な過失割合がわかったら、それを根拠に保険会社に過失割合の修正を求められます。

「御社は〇対〇とおっしゃっているけれども、弁護士に相談したら▽対▽が適正と言われたので、訂正してもらえませんか?」などと根拠をつけて適正な値を提示すると、相手の提案内容も変わる可能性があります。

 

3-3.賠償金が大きく増額される可能性が高い

ご自身で示談交渉するのが負担になる場合には、弁護士に示談交渉を依頼できます。弁護士が対応すれば法的な基準をあてはめて適正な過失割合を適用しますし、賠償金の算定基準についても「弁護士基準」という法的基準をあてはめて計算するため、慰謝料をはじめとした各種の賠償金が大きく増額される可能性が高まります。

過失割合に納得できない場合、弁護士に相談・依頼すると状況が大きく好転する可能性があります。金沢で交通事故に遭われてお悩みの場合、お気軽にあさひ法律事務所までご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー