弁護士への法律相談は早期がおすすめ

  • 交通事故に遭ったけれど、弁護士に相談するのは大げさな気がする
  • 保険会社ともめたタイミングで弁護士に相談すれば良いのでは?
  • 些細な疑問で弁護士に相談しても良いのだろうか?

交通事故に遭われたときには、できるだけ早めに弁護士に相談するようお勧めします。些細なこと、小さな事故でも遠慮する必要はないので、ぜひとも当事務所の無料相談をご利用ください。

 

1.交通事故直後に弁護士に相談するメリット

交通事故に遭われた方が早期に弁護士に相談すると、以下のようなメリットがあります。

 

1-1.今後の見通しが明らかになって安心できる

事故に遭うと今後どのような流れで話が進み、最終的にいつ頃どのくらいの賠償金が支払われるのかなど先のことが心配になるものです。

弁護士に相談すると事故ごとにどういった展開が予想されるのか、いつまで治療を続けるべきか、治療終了後の示談交渉についてなどアドバイスを受けられるので、安心できます。

 

1-2.知らず知らずの間に不適切な行動をしてしまう危険がなくなる

交通事故後は各ステップにおいて、適切な行動を要求されます。たとえばどこの病院にかかるべきか、どのような検査を受けるべきか、どのような資料をとっておくべきか、保険会社から書類の提出を要求されたときにどう対応すべきかなど挙げていけば切りがありません。それぞれの段階で適切に行動しておかないと、後の後遺障害認定や示談交渉の際に不利益を受けるおそれもあり、要注意です。

先に弁護士に相談してアドバイスを受けておけば、常に適切に行動できるので不利益を受けるリスクを大きく低減できます。

 

1-3.賠償金見込み額を知ることができる

交通事故に遭ったら、加害者に賠償金を支払わせる必要があります。ただ被害者が自分で保険会社と示談交渉に対応すると「いくらが適正な金額か」を判定するのは困難です。たいていは保険会社の言いなりになって相手の提示額をそのまま受け入れてしまうでしょう。しかし保険会社の提示する金額は法的な相場より大幅に低くなっているケースも多々あります。

弁護士に相談すれば、適切な賠償金見込み額を知ることができるので、保険会社からの低額な提示を受け入れずに増額を求めることも可能となります。被害者の権利を適切に実現するには弁護士によるアドバイスやサポートが必要です。

 

2.小さな事故、些細なことでも遠慮する必要はありません

交通事故に遭われても「こんな小さい事故、些細なことを弁護士に相談してよいのだろうか?」「弁護士は敷居が高い」などと考えて弁護士相談を躊躇される方がたくさんおられます。しかしあさひ法律事務所ではそういった遠慮は一切不要です。

地元金沢の住民の方々のため、交通事故に積極的に取り組んでいる弁護士が親身になってお話をお伺いします。無料相談を実施していますので、お気軽にご利用ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー